ピアスでオシャレ度アップ

ご自分でピアスのホールをどこに作るのか判断ができないときは、病院に行って、プロの医師に任せるやり方もありです。これまでに何回もピアスの穴を作ってきた医師なので、一瞬であなたにぴったりの場所を探り当ててくれます。耳たぶ以外にホールを作るときには、なおさら医師に相談をしてください。
一人で初めてピアス穴を開けようと思っている方は、お店などで置いてあるピアッサーを使うのが安全です。その際はロングタイプのものをチョイスしたほうが、よりアフターケアがやりやすいです。加えて、材質は医療用ステンレスかチタン製のもののほうが、金属アレルギーの不安がなく実施できます。

自力でピアスの拡張をするなら、大前提としてホールがすっかりと定着した状態でやらなければいけません。炎症などがあるのに拡張を行なうと、一層悪化します。痛みもすごいです。穴の状態が落ち着いてきたころを見計らって、普段よりちょっと太めのピアスを通して、そのまま放置してみましょう。激しい痛みも出てきますが、自然にホールが拡張されます。
自宅でピアスの穴を開けるか病院やクリニックで開けるのか、まずどちらか一方を選んでください。理想を言うと病院です。事前にペンで穴を作って欲しいポイントにマークを付けます。その状態で病院の内科に行って、内科医に相談をしつつ、穴あけをお願いしましょう。病院やクリニックなら専門の道具で丁寧に穴を作ってくれます。
さまざまなアレルギーが存在していますが、金属のアレルギーを持っている人がピアスを付けると、ホールが荒れます。アレルギーを自分が持っていると知らなかった人が、自宅で画びょうなどを使用して耳たぶに穴を開けてしまうと、非常に危険な状態が待っています。ピアスは事前にお医者に相談してから用意をすると安心です。

自分でピアスを消毒する作業そのものは別に難しくはないです。専用の消毒液を購入するか病院やクリニックで処方してもらい、その液を綿棒やティッシュで根気よく1日2回、穴の両面に当ててください。表だけでなく、耳の裏側にも綿棒で消毒液をきちんと吸わせましょう。とりわけお風呂上りには効きやすいので欠かさず頑張ってください。
どうにか苦労して入れたピアス用の穴が塞がってしまう、そのような体験のある人は割りと大勢いるはずです。とくに穴を通した初めの段階ではこのような体験をしてしまいがちではないかと思われます。人の回復力というのは意外にちゃんとしていまして、正確な処置を取らないと30分程度で穴が治る状況もあるそうです。
自分でピアスのホールを耳たぶに無理に開けてしまう若い人が結構居るのですが、やめた方がいいです。ばい菌が入って深刻な症状が出てしまうかもしれないのです。運が悪い場合は菌が耳に広がって壊死(えし)してしまう可能性もあります。ピアスの穴はちゃんと医師の下で作ってもらった方がいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*